Macを譲渡・売却する時のデータ完全消去の方法と手順

これまで使っていたiMacを譲ることにしたので、データ消去の手順をメモしておきます。
環境:OS X Mavericks

バックアップを取っておく

まずTimeCapsuleや市販のHDD等にバックアップを作成することをおすすめします。
次に使うMacでの移行がとても簡単になるのでTimeMachineでバックアップを作成しましょう。

コンピュータの認証を解除

iTunesのメニューのStoreから「このコンピュータの認証を解除」します。
iTunesコンピュータの認証を解除

iCloudをサインアウト

システム環境設定からiCloudを選択し、「Macを探す」にチェックが入っていないことを確認してサインアウト。このコンピュータのiCloudのデータを削除するか尋ねられるので削除します。
(他のデバイスのiCloudデータは削除さません)

ディスクユーティリティを起動

以上の準備ができたらデータ消去を行っていきます。
再起動をする時にoptionキーを押し続けます。
このような画面が出てくるので、ネットワークを選択して接続します。

再起動ディスクユーティリティ

次に「OS X ユーティリティ」の画面が出てくるので「ディスクユーティリティ」を選択して「続ける」。

1回目の消去

今回は2回消去する方法を説明します。Macが他人の手に渡った時にデータの復元がされないように、1回目では暗号化フォーマットによる消去、2回目は暗号化無しの消去を行います。

下のように「Macintosh HD」から「消去」タブを選択。
フォーマットを「Mac OS 拡張(ジャーナリング、暗号化)」として右下の「消去」を押します。

Macデータ削除

パスワードを聞かれるので簡単なものを設定しておきましょう。

2回目の消去

1回目の消去が終わったら、2回目も同様にoptionキーを押しながら再起動します。
2回目ではフォーマットを「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」とします。
セキュリティオプションから確実な消去オプションを選びます。
ここは場合によりますが友人や知人の場合はゼロ消去を1回で良いと思いますし、売却する場合は7回書き込みを行う「最も安全」を選ぶと良いでしょう。7回書き込みの場合はその分結構な時間がかかります。(参考までに、僕のiMacの場合3回書き込みで半日ほどかかりました。)
セキュリティオプションを選択したら同様に右下の消去をクリック。

Macデータ消去7回

以上でデータ完全消去の方法の説明は終わりです。
後はOSを再インストールすれば初期の状態に戻ります。

LINEで送る
Pocket

    

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です