Apple ID が乗っ取られた時の対処法

Appleから「アカウント情報変更のご案内」というメールが

先日、Appleから「アカウント情報変更のご案内」という件名のメールが届きました。
最初は大したことないと思って放っておいたのですが、
翌日iPhoneアプリをアップデートしようとすると
今までのメールアドレスとパスワードではログインできなくなっていました。

ここでようやく事の重大さに気付き、パスワードがハッキングされてるとわかりました。
現在はすべて元通りになったのですが、
僕がとった対処法について参考になればと思い共有しておこうと思います。

iCloudのメールアドレスがある人はすぐに対処可能

appleからのメールを読み返すと「iforgot.apple.com というページから再設定を行って下さい」
と書いてあるのですが、ここに今まで使用していたメールアドレスを設定しても
おそらくメールは届かないと思います。
これはハッカーによって既に別のアドレスを設定されているからだと思われます。

ここでiCloudのメールアドレスがある場合は、自分のAppleアカウントと紐付けられているので
iforgot.apple.comにてすぐにパスワードを再設定して、
ハッカーの不正ログインを防ぐことができます。

僕はこの方法でアカウントを取り戻すことができました。

iCloudのメールアドレスが無い人はAppleサポートへ電話

iCloudのメールアドレスが無い場合はAppleサポートへ電話して解決してもらうのが
最も手っ取り早いと思います。
電話の方法はAppleサポート→お問い合わせ→こちらからスタート→その他の製品とサービス→Apple ID →その他の Apple ID に関するトピック→iTunes Store のアカウントとセキュリティ

すると下のようなページが出てくるので日時を設定します。

Apple ID 乗っ取り

電話がきたらこれまでの経緯を伝えて、アカウントを復活してもらいましょう。
また、アカウントが乗っ取られていた間に不正な操作が無かったかも確認してもらいましょう。

僕もアカウントが復活した後に念のため電話をしたのですが、
Appleスペシャリストという方が不正操作の有無を確認してくれました。

僕の場合は翌日に対処していたので何も被害はありませんでしたが、
2〜3日以上放置してしまうとiTunes Storeで
クレジットカード等が勝手に使われる事もあるようです。

パスワードは複雑に

今回の件があってからApple IDはもちろんですが、Webサービス等のパスワードを設定し直しました。
これまでは半角英数のみで6〜7桁という単純なものが多かったのですが、
大文字・小文字・数字を使って桁数もかなり多くしました。

LINEで送る
Pocket

    

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 岡野昌亮 より:

    Appleさんから見覚えのない請求が2件来てます。これは乗っ取られたのでしょうか?
    注文番号はMGNMSL7N20
    書類番号は158109591946
    注文番号はMGNMNQQXSJ
    書類番号は158109591945
    です。請求無効になりますか?

  1. 2014/07/08

    […] ■Apple ID が乗っ取られた時の対処法 | KANECONET 一昨日Apple IDがロックされて同じ手順踏みましたが、サポートいわく「パスワードの試行が規定回数を超えたのでロックされました」だそう […]

  2. 2014/09/11

    […] AppleIDが乗っ取られた時の対処法 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です