バンコクの移動はタクシーよりUberがおすすめ

バンコクのタクシーをおすすめしない理由

バンコクではタクシーの乗車拒否が大きな問題となっています。
乗車拒否というのはタクシーをつかまえて伝えた行き先によって拒否されることをいいます。
バンコクは交通渋滞がひどく、タクシー運転手にとって行きたくない場所もあるようで乗車拒否は日常茶飯事です。
実際タイ人の友人タクシーは極力使わないようにしている人がほとんどです。
またタクシーによっては観光客相手にメーターを使わずに言い値で高額な料金を指定してくることもあります。
トゥクトゥクも同様で下車時に料金について観光客とトラブルになっているところもよく見かけます。

Uberをおすすめする理由

日本では現在Uber Blackという提携企業のハイヤーのみのサービスですが、日本以外の国ではUber Xなど白タクが一般的で料金もタクシーと同等かそれよりも安いです。
バンコクのタクシーで問題となっている乗車拒否やぼったくりの心配もなく安心して乗車できます。
料金の支払いはUberのアプリを通してクレジットカード支払いとなるので現金をいちいち支払う手間が省けます。
目的地を入力すれば大まかな料金もわかります。
例えばセントラルワールドからアジアティックに行く場合、79〜103バーツといったように大体の料金がわかります。
混雑時はすこし高くなる場合があります。

ちなみに空港からバンコク市内に行く場合は300〜400バーツでいくことができます。
スワナムンプール空港からプロンポンに行く場合。

タイのUberで使える無料乗車クーポンを得る方法

Uberのプロモーションコードを普通に登録すると日本のUberで使えるクーポンが得られますが、タイで使いたい場合は居住地をタイに設定する必要があります。

使いたい国の居住地を設定すればその国の通貨のクーポンを得ることができます。
国によってクーポンの種類も違っていて日本は2000円分、タイは50バーツ分×3回(合計150バーツ)となります。
日本円のクーポンを他国で使うといったことはできないので注意しましょう。
ですので自分の友だちに紹介するときは自分が住んでいる国の居住地に設定しておくほうが良いです。
まだUberに登録していない方はこちらからクーポンを得ることができます。
https://www.uber.com/invite/ubercoupon92

もしくは登録時に以下のプロモーションコードをご利用下さい。
Uberプロモーションコード : ubercoupon92

LINEで送る
Pocket

    

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です