オピニオン 福岡スタートアップ

Published on 11月 1st, 2014 | by KAITO

0

東京一極集中を崩すカギ まずは福岡から


ブログのカテゴリにオピニオンを追加したのでこれからはオピニオン系の記事も書いていこうと思います。
まずは今注目している福岡の創業特区について。

東京一極集中「望ましくない」48%

先日東京一極集中についての調査を行ったこちらの記事が話題になっていました。

“内閣府が18日付で発表した世論調査によると、人口の東京一極集中に関し「望ましくない」とした回答が48.3%に上った。居住地の将来が不安かどうか尋ねた質問では「不安」と「どちらかといえば不安」が計46.8%に達し、大都市より町村で悲観的な考えの割合が高かった。人口減少問題を踏まえて地方で将来不安が膨らんでいる実態が浮かんだ。”
引用元:東京一極集中:「望ましくない」48% 内閣府調査 毎日新聞

東日本大震災後に地方にも拠点を設ける企業は増えてきたと思いますが、それでもやはりヒト・モノ・カネが東京だけに集中して、地方との格差が拡大している状況は変わっていません。また東京一極集中は日本全体の経済の停滞をまねいていると思います。

法人税減税でスタートアップの拠点は福岡に移るか

福岡市がグローバル創業・雇用創出特区に選出。
参考:福岡市 国家戦略 特区ホームページ

この福岡市の特区では創業5年以内のスタートアップ・ベンチャーの法人税を約15%に引き下げる案や、様々なスタートアップの支援を行っていくようです。
法人税15%というのはシンガポールと同じくらいの水準で、かなりインパクトのある数字だと思います。

今まで日本のスタートアップの中心はアクセラレータ・インキュベーション施設・投資家等が多い東京に集中していましたが、今後は福岡に移っていくのではないかと思っています。
LINEも福岡に自社ビルを建ててLINE fukuokaという会社を設立したようで、どんどん優秀な人材が福岡に集まってきそうです。オフィスのコストは東京の3分の2程に抑えられるようです。
東京で働きたくないエンジニアの人は結構いると思うのでこのように地方にオフィスを持つ企業に移っていくのではないかと思います。

福岡で創業特区が成功したら

福岡で創業特区が上手くいったら他の地方都市でもこの創業特区のモデルを行っていくべきだと思います。
世界一の借金大国の日本を救う唯一のカギは日本のあらゆる場所から新たな価値を生み出していくことだと思っています。日本の財政破綻はもはや避けられませんが、出来ることは沢山あると思います。

サムネイル画像元:福岡市 国家戦略 特区ホームページ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
LINEで送る
Pocket



Tags: , , , , , ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑