コートダジュール ニースビーチ景色

Published on 9月 7th, 2014 | by KAITO

0

南仏ニース・モナコ・カンヌへ旅行に行ってきました


地中海沿岸コート・ダジュールへ

9月1日から4日まで南仏コート・ダジュールへ旅行に行ってきました。
コート・ダジュールはフランス南東の地中海沿岸の一帯のことでリヴィエラとも呼ばれています。
7月〜8月はフランスのバカンスシーズンで、かなり混雑しているのでこの期間は避けて9月の一週目に行きました。
リヨンからコート・ダジュールまでの移動はTGVを使いました。

TGVファーストクラス

今回の旅行はニースを拠点にしました。ニースはカンヌとモナコの間にあり、ホテルの料金もそれほど高くないので多くの人はニースを拠点にしていると思います。
ホテルの予約は前記事の通り、Hotels.comを利用しました。
海外ホテルの予約にHotels.comを初めて使ってみました

ニース・カンヌ・モナコ間の移動について

ニース・カンヌ・モナコ間の移動方法は主にTER(電車)とバスがありますが、僕はTERをおすすめします。
バスは確かに1.5ユーロと安いですが、かなり時間がかかります。例えばニース・カンヌ間はTERなら30分ほどで行けますがバスだと2時間もかかってしまいます。

1日目 ニース

ニース駅TGV

とりあえずニースに到着後すぐビーチに向かいました。

ニース地中海

一旦荷物をホテルにおいてから再びビーチに行って1時間ほど泳ぎました。
コート・ダジュールの気温は暑い日でも30度ほどなので水温も丁度良くバカンスを過ごすには最適な場所だと感じました。

ニースビーチ景色

ビーチに来ている人のほとんどは日焼けメインで、泳いでいる人は10分の1くらいでした。
僕も泳いだ後は3時間ほどビーチでくつろいでいました。
結局1日目はほとんどビーチで過ごしました。

2日目 カンヌ

2日目はTERでカンヌに行きました。
カンヌ映画祭で有名なレッドカーペットのところは工事中でした。

カンヌレッドカーペット

カンヌのビーチもとても綺麗でした。

カンヌビーチ

カンヌのビーチはほとんどがホテル所有のプライベートビーチで公共のビーチは少なかったです。
ビーチ沿いを少し散歩した後市街地で買い物をしました。

カンヌを観光した後にアンティーブのピカソ美術館に行く予定でしたがTER(電車)で寝過ごしてしまい諦めました。笑
次回は必ず行きます。
ニースに戻ってから再びビーチに行って休みました。

3日目 モナコ

モナコもTERで15分ほどで行けました。
まずは旧市街を散策してからグレースケリーのバラ園へ行きました。

モナコグレースケリーバラ園

ベンチで隣に座っていたおっちゃんにモナコについて色々教えてもらいました。
30分ほど話した後、別れを告げモンテカルロに向かいました。

モナコフェラーリランボルギーニ

モンテカルロはイメージ通り高級ホテル、カジノが建ち並び、駐車場はフェラーリ・ランボルギーニといった高級車ばかりでした。
カジノの中にも行きましたが内装はかなり豪華でした。カジノをしなくても入ることができるので是非行ってみてください。

モンテカルロからバスで5分位のところにある日本庭園に行きました。
これはグレースケリーが日本好きで彼女の死後、レーニエ公が日本から造園家を連れてきて造らせたそうです。
モナコ日本庭園
かなり本格的で、久々に日本を感じることが出来ました。笑

その後再びモンテカルロや海沿いを散策して帰りました。
モナコ高級クルーザー

4日目 ニース

最終日はニースの観光をしました。
マティス美術館はバスで20分ほどかかるのであまり観光客はいませんでしたが個人的には結構お勧めです。

ニースマティス美術館

とまぁかなり端折りましたが、とても充実した良い旅行になりました。
またバカンスで訪れたいですね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
LINEで送る
Pocket



Tags: , , , , , ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑