ブロガーは今後SEOよりもオーサーランクを意識して記事を書いていこう

Googleは今後、被リンクからオーサーランクに移行

NewsPicksを見ていたらこんな記事が話題になっていました。
【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!?

この記事について要約すると、Googleは従来の被リンクによるランク付けから、良いコンテンツを提供する著者の記事を上位に表示するとのこと。

もともとGoogleのアルゴリズムは学術論文の評価システムを参考にしていて、より多く参考文献として使われた論文が評価されるという仕組みをWebに応用した形になっています。
このアルゴリズムは素晴らしいものだと思いますが、これでは悪質な行為を行うアフィリエイト業者やSEO業者を取り締まるのは難しいとGooleは判断したのだと思います。
この問題を解消するために今後は、その分野のエキスパートが書いた記事がより評価される仕組みへ移行するのだと考えられます。

移行は数年間掛けて徐々に行っていくようです。

この流れはブロガーにとってチャンス

SEO業者のサイトはもちろんですが、これまで多くのトラフィックを稼いできた、2chまとめ系や大したコンテンツのないキュレーション系のメディアはGoogleからの流入が大幅に減るのではないかと思います。
こうしたサイトが衰退していく一方で、ブロガーやライターの価値は高まっていくでしょう。
ブログは完全にオウンドメディアであり、自分の得意分野について読者に価値あるコンテンツを提供していくことができます。

職業としてブロガーが定着していく

すでにブログで生計を立てている方は多くいると思いますが、今後は職業としてブロガーが定着してくと思います。
僕自身ブログやメディアを運営していてわかるのですが、ブログはスットク型で一度記事を書けば放っておいても収入が入ってきます。不労所得に近い形で収入が入っていてPV(ページビュー)も増え続けるのでそれに比例して収入が増えていきます。
自分の書きたいことを書いていけばいいので苦に思うことは全くありません。
サーバー代もどんどん安くなっていて、ブログを運営するコストは広告収入ですぐに回収できるようになっています。
サラリーマンの人でも最初は兼業からスタートして稼げるようになったら本業としてブロガーになるという人も増えていくと思います。
実際にブログNo Second Lifeを運営している立花岳志さんはサラリーマン時代にブログを初めてその後職業ブロガーに転向しています。
現在は書籍の出版もされています。
サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

LINEで送る
Pocket

    

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です